ランドセル今昔物語|女の子のランドセルの選び方決定版
鞄

女子のランドセル

ランドセルがずっと変わらないと思っていたら大間違い

未来のランドセルを想像してみよう

今と昔の違いについて知ったら、今度は未来のランドセルをイメージしてみましょう。おそらく、形はあまり変わらないのではないでしょうか。ランドセルはすでにある程度の完成型を持っているのです。

ランドセル今昔物語

女の子

大きく見た目が変わる訳ではないけど

今と昔のランドセルで大きく見た目が違うということはありません。しかし内側の構造やランドセルの機能など、進化した点を挙げればきりがない程です。こういった細かい点を知っていれば選ぶのも楽しくなることでしょう。

個性が尊重される時代

個性を大事にする教育が進んだ結果、ランドセルについても個性が求められるようになってきています。特に女の子については、この時期からよい意味で個性が出せるようにしてあげるのが大事です。オシャレで個性的なものを選んであげましょう。

職人による改良

ランドセルを今も昔も支え続けてきた職人の努力にも目を向けてあげてください。職人の技によりランドセルがより一層輝くのです。そういった視点でランドセルをみると、なんだか感慨深くなりますね。

今と昔のランドセルで具体的に違う点

肩ベルトがこんなに違う

今のランドセルの肩のベルトをみてください。カーブを描いていますよね。ご自身のころを思い浮かべてみて下さい。若い親御さんはわからないかもしれませんが、昔のランドセルは肩ベルトがまっすぐだったのです。ベルトが直線的だとランドセルの重さが体にダイレクトにかかってしまいます。現在は改良されてカーブを描くことで、負担を軽減しているのです。

背当てをみてみよう

ランドセルの背当てを見てみてください。今のランドセルは背当ての部分にしっかりとクッションが入っているものが多いです。クッションを工夫することによって、ランドセルを背負ったときに重量を感じにくくすることができます。通気性などにも優れるように、小さな溝が入っているものもあります。

ロック部分が違う

現在のランドセルはロック部分が自動式のものがあります。自動で閉まるので、閉め忘れて帰り道で教科書を散乱させてしまうなんていうこともありません。しかし、メーカーによっては、あえて手動式のものを採用しているところもあります。手動式の方が壊れにくいというのが理由です。

中間色の出現

中間色の出現というとカラーのレパートリーが増えて悩ましいですね。しかし、一昔前のランドセルは分かりやすい色が主流でした。黒や赤を中心にピンクなど分かりやすい色が多かったと思います。現在は、カラーのバリエーションも増えオシャレな色が出てきています。人気のカラーとしては、カーキやインディゴなどがあります。このように深みあるカラーも人気があるため、ランドセルをオシャレに見せることもできます。